5月11日に河出書房新社より発売される『永遠の太宰治』に北村薫先生がエッセイを寄稿されています!

LINEで送る
Pocket

2019年5月11日に河出書房新社より発売されるムック『永遠の太宰治』に、北村薫先生がエッセイを寄稿されています!

◆永遠の太宰治 :河出書房新社編集部|河出書房新社
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979717/
北村薫先生の寄稿は[私の好きな太宰作品]に
「『春の盗賊』──ロマンスの地獄に」
と題してのものです。

太宰治の『春の盗賊』と言えば、北村先生の最新刊『中野のお父さんは謎を解くか』(2019年3月 文藝春秋刊)に収録された短編「ガスコン兵はどこから来たか」で取り上げられた作品ですね。

なおちょうど先日、この短編で登場する竹中英太郎記念館のブログに『中野のお父さんは謎を解くか』についての記載がありましたので、ご紹介します。

・GW最終日、記念館は休館です。・・・・・ | 竹中英太郎記念館 館長日記
https://takenaka-kinenkan.jp/diary/log/eid4910.html。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。