『匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~』

LINEで送る
Pocket

昨年新潮社より発売された文庫アンソロジー『北村薫のミステリー館』[北村DB]
その収録作品の中に、自動翻訳ソフトを使って昔話「一寸法師」を日本語→英語→日本語で再翻訳した原倫太郎氏による異色の作品「一寸法師(少量法律助言者)」がありましたが、
先日11月22日、その「一寸法師」を含む三作(一寸法師、かぐや姫、桃太郎)をまとめた絵本『匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~』が発売されました。
翻訳ソフト10数種類を駆使して日本語⇒英語⇒日本語の順で自動翻訳した昔話と、元々の昔話とが同時に掲載されており、翻訳結果の奇天烈さはもちろんですが、原典との対比で二重に楽しめます。
北村先生の推薦帯付きとのことですので、とりあえず本屋さんで要チェックですょ。
▼詳細
『匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~』
文:原 倫太郎/絵:原 游
サイズ:四六判/刊:マガジンハウス
価:1000円(税込)
収録作品:
「一寸法師(少量法律助言者)」
「かぐや姫(匂いをかがれるとすぐに、プリンセス)」
「桃太郎(桃タロイモ)」
帯の推薦文:

このアイディアが面白い。昔話を英語翻訳機にかけて、それをまた日本語翻訳機にかけるとどうなるか。
そこにシュールな世界が開けてくるーーその不思議さが、面白いんです。 北村薫

◆Hara seal Factory Japan
(原倫太郎・原游両氏の公式サイト)
http://www.hfj-ami.jp/

匂いをかがれるかぐや姫
原 倫太郎 文 / 原 游 絵
マガジンハウス (2006.11)

[ネタもと:原倫太郎様(著者)]

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 一寸法師

    一寸法師一寸法師(いっすんぼうし)は、日本の説話|伽話の一つ。現在伝わっている話は御伽草子に掲載されたものが元となっている。あらすじ現在一般に知られている一寸法師のあらすじは、以下のようなものである。: 子供のない老夫婦が子供を恵んで

  2. 自動翻訳をチェック!

    自動翻訳機械翻訳(きかいほんやく)とは、ある自然言語を別の自然言語へ機械的に変換する技術をいう。例として、英語の文章を入力するとそれを翻訳した日本語の文章を出力する英和翻訳ソフトウエアなどがある。自動翻訳ともいう。.wikilis{font-size:10px;color:#66666

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。