『東京かわら版』平成22年2月号の巻頭エッセーは北村薫先生!

LINEで送る
Pocket

日本で唯一の寄席演芸専門の情報誌『東京かわら版』の最新号、平成22年2月号の巻頭に、北村薫先生のエッセイが掲載されました。
◆東京かわら版 平成22年2月号
http://www.tokyo-kawaraban.net/books/index.html
巻頭エッセー北村薫「落語と私 私と落語」
とあります。
表紙にも林家正楽師匠の下に北村薫先生のお写真が掲載されてますね。
気になる方は下記のページに「東京かわら版」の取扱店が載ってます。
チェックしてみてはいかがでせう。
http://www.tokyo-kawaraban.net/about/index.html
三省堂書店神保町本店で入手しました。
布団の中でラジオから聴こえる落語に耳を澄まされた、とか落語なエピソードを披露されてました。
あ、4月中旬に小学館から発売予定の
「CDブック 東横落語会」に寄稿されてるそうですよ。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。