北村薫サイン会@TRICK&TRAP

LINEで送る
Pocket

行ってきました~北村薫サイン会@TRICK&TRAP。
先日書いたTRICK&TRAPから来店時刻指定メールが来ない件について
、「如何なる事か」と問い合わせようかと思ったのですが、
「人を疑う前にまず自分から」
の精神で、まず北村亭関係のアカウントのメールボックスを
くまなく検索したところ
「サイン会でサインしてもらう本は『ミステリ十二か月』でよろしいですか」とゆー確認のメール(1月25日付け)が
ゴミ箱フォルダにありました。
前後のスパムメールと一緒に捨ててしまっていたらしひです。
変な事言わなくて良かったガクガクブルブル。
とりあえず、戸川さんに
こういう流れで返信できませんで今日に至ってしまいましたごめんなさいごめんなさいこんな私でも参加しちゃ駄目ですか?
の旨メールしたところ、
「どの回でも構いませんが、最後の16時30分の回に来ていただけますでしょうか。」
とゆー暖かいお言葉がかえってきましたので、ご指定の16時30分の回に行ってきました。
まず、入り口近くのレジの前で戸川さん(初対面)とお会いしました。
雑誌記事(リンク先のリストは北村DB雑誌記事版で「戸川安宣」で検索した結果)で何度も写真は拝見してましたが、それだけになまじ会った事のある北村先生よりドキドキでした。
開口一番
「この度は本当に失礼しました。」
とヒラアヤマリでした。ほんとすいません。
さて、ちょっと並んで北村先生とご対面。
気の利いた事でも話そうと思ってネタを考えていたのですが、
そんなにクチが廻る訳が無く...
というか前の方もその前の方も、サインだけしてもらって、
わりとそそくさと退出していたのに気が引けて、とりあえず無難にサインをもらって、ようよう思いついた事を1つ2つ話して終了しました。
あ、でも『ミステリ十二か月』に加え、TRICK&TRAPにて
別途購入した最新刊『詩歌の待ち伏せ 1』(文春文庫刊)にもサインをいただく事ができました。
ひゃっほう。

詩歌の待ち伏せ 1
北村 薫著文芸春秋 (2006.2)通常24時間以内に発送します。

そういえばTRICK&TRAPで葉月さんにはお会いしました。
他の方と歓談中だったのであんまり話さず。
りほさんにも階段を昇りきったところで擦れ違ったような気がしたんですが...「あれ、今のってそうかな、うにゅ?」と思っているウチに列の前が空いたので先に進んでしまい挨拶もせず失礼しました。
TRICK&TRAPはリニューアルしたとゆーことですが、
あたたかみのある雰囲気で、なんかリニューアルしたような感じではなかった...というと語弊があるかな。真新しくて白くてキレイ、ピカーッ、ではなくて、馴染んだような...なんか書けば書くほど語弊が出てきたような。
えっと、イイ感じでした。はい。
北村薫先生のサイン会が無くてもまた行きたいと思います。
気になる本もたくさんありましたし。
全然関係ありませんが今月おひっこしする事にしました。
最寄り駅を挟んで反対側に移ります。移動距離は1キロ未満でふ。
とりあえず部屋が広くなるので本の収容力が上がります(にやり)。
つーか、契約前にオーナーと面談せねばならんらしーです。
やっぱり菓子折ぐらい持参した方がいいのかしら(どきどき)

おすすめ

2件のフィードバック

  1. りほ より:

    あらあら、そ、それは気が付きませんで失礼致しました。無事参加出来てよかったですね。

  2. やまーちょ より:

    やっぱりいらっしゃってはいたんですね。
    僕も躊躇してしまって声かけそびれてしまったので・・・
    失礼しました~。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください