『野性時代』2005年2月号[vol.15]

LINEで送る
Pocket

角川書店の月刊文芸誌『野性時代』2005年2月号P216~P223に「北村薫のミステリ作家探訪 ウソつきは作家の始まり!?」が掲載されています。
ミステリ作家探訪第三弾の今回は..


北方謙三氏をゲストに迎え、ウソ発見器を使って予め用意された質問状(馳星周氏作成)に答えてもらう企画でした。北村先生も有栖川有栖氏による質問状に答えてます。
消えてほしい評論家がいるンすか、先生(笑)
ってかこういう設問をわざわざ有栖川先生が作ったゆー事は、過去にそっち方面で何かあったとゆー事でしょうかーと書いてみるテスト。
ちなみにこの「ミステリ作家探訪」は不定期掲載で三回目なのだけれども、前二回分はDBに採録してなかったでふ。棚を引っかき回して第一回(新創刊号)は見つけたけど、第二回(通巻10号)が見あたらない...うーむ。
▽追記
みゅうさんの航海日誌によると、今月号の当該記事は楽天ブックスで一部読めるみたいです。
まーでも、買うなり図書館で読むなりしたほーが吉かな~と思う。
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/interview/kitamura_k/

あわせて読みたい

コメントを残す