芥川龍之介 旅とふるさと

LINEで送る
Pocket

『芥川龍之介 旅とふるさと』
関口安義 編 至文堂 刊 
※[国文学解釈と鑑賞]別冊
2001年1月10日発行
雑誌03718-1
芥川龍之介を「旅とふるさと」の視点から取りあげた随筆集?。
各地の写真や芥川の旅の記録なども充実しており、文芸散歩のガイドにもなるかと。
北村薫先生のエッセイ「王様がいっぱい」は45ページから47ページまで。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 芥川龍之介

    芥川龍之介芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年3月1日 – 1927年7月24日)は「羅生門」などの著作で知られる日本の小説家である。号、澄江堂主人、俳号、我鬼。俳優の芥川比呂志は長男、作曲家の芥川也寸志は三男。(次男の芥川多加志は戦死

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください