〜今、耳の脇を、朝霧が流れたような気がしたの:『ターン』(新潮社刊)第二章より の投票理由
BACK


6コメント中 0コメントが 〜今、耳の脇を、朝霧が流れたような気がしたの:『ターン』(新潮社刊)第二章より のコメントです。

- 北村亭 -

- VOTE COM -