北村薫Q&A

北村薫先生に関するQ&Aです。
・「質問」はネットで流布しているキーワードから適当に作りました。
・「回答」はあくまで講演会等での北村先生のお言葉を聞いたうえでの管理人の解釈とかなので、現在の北村先生のお考えとは相違している可能性があります。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
Q01:名前が女性っぽいし、文体も柔らかいし、北村薫先生って女性ですよね?

A01:幻想を壊すようで申し訳ありませんが男性です。物腰は柔らかいですが、中身は・・・。

Q02:北村薫と高村薫って混じるんですけど?

A02:両先生の作品を読んでみてください。作風から文体から全く違うので、読んだら混じらないと思います。ちなみに高村先生は女性です。

Q03:北村薫先生の本名は?住所は?生年月日は?掲載されてませんが、知らないんですか?

A03:北村亭では本名、ご住所、生年月日など、先生の「個人情報」に該当する情報の勝手な開示はしません。北村亭運営ポリシーをご参照ください。
※年賀状、ファンレターなどを送りたい方は、新潮社・文藝春秋・東京創元社など、北村先生の著作を多く出している出版社宛に「気付」で送ってください。転送してくださるはずです。

Q04:「日常の謎」のミステリー作家なのに、そうでない作品が多いのは何故ですか

A04:北村先生がその時その時に書きたい作品の中のリアリティを追求すると日常の謎になる事があるだけで、そういった作品だけ書かれるわけではありません。そもそもミステリ作家というカテゴライズもすこし違うと思います。

Q05:「時と人」三部作の続編はないんですか?

A05:構想はあるようですが、なかなか手が進まないようです。

Q06:「覆面作家」シリーズの続編はないんですか?

A06:あのシリーズは最終巻できれいに終わっているので、あれ以上続編はないと思います。

Q07:「冬のオペラ」の続編はないんですか?

A07:2011年にNHKの「探偵Xからの挑戦状」というドラマの原作として「ビスケット」という短編が続編として書き下ろされ、2016年に角川書店から刊行された短編集『遠い唇』に収録されました。

Q08:『太宰治の辞書』の四六判は何故新潮社から発売されたのですか。

A08:そもそものきっかけが、作中にも出てきますが新潮社本館のロビーに置いてあった冊子だったので、これは新潮社から出すべきだろうと言うことになったそうです。文庫判は、従来通り東京創元社の創元推理文庫から発売されています。

Q09:小説作品のKindle版など電子書籍がまったくないんですが、どうしてですが?

A09:講演会で何度か「自分は本を本屋で買うことで読書家として育てられたし、本屋さんという存在に愛着がある。今書店業界は苦境にある、恩を返す意味でも本屋で著作を売りたい。今後はわからないが、今のところは電子版の発行は止めている」ように仰っておられたので(管理人意訳) 電子版が嫌いだから出さないとか、印税率が低いとか、そういうわけで出さないわけではないようです。
なお現状、電子版の許可は新潮新書『自分だけの一冊―北村薫のアンソロジー教室―』以外に出しておられていません。もしネット上でそれ以外の本の電子版を見つけられた場合、それはいわゆる著作権者に許諾を得ずに勝手に作られた「海賊版」です。ウイルス等混入などのリスクもあるので、決してダウンロードしないで下さい。見つけたことを広めることも絶対にしないで下さい。

Q10:ひとめお会いしたい、お話ししたいんですが?

A10:年に何回か講演やトークショー、サイン会がありますので、そのときに話しかけてみてください。わりと気さくに応えてくださると思います。
※無理なお願いは止めましょう。イベントによって撮影OK/NGなどルールがあるかと思いますので、それに従ってください

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

以上。気が向いたら追加します。
ご意見、ご感想、こんな質問はどうだとかありましたらメールフォームよりお気軽にお寄せください。