【発売中】『婦人画報』2018年4月号の「Ecole de FUJINGAHO ブック」にて北村薫先生の最新刊『ヴェネツィア便り』(新潮社刊)が紹介されています。評者は間室道子さん。

LINEで送る
Pocket

現在発売中の『婦人画報』2018年4月号284ページからの「Ecole de FUJINGAHO ブック」にて、北村薫先生の最新作『ヴェネツィア便り』(新潮社刊)が紹介されています。
評者は間室道子さんです。

◆婦人画報 |ハースト婦人画報社
https://www.hearst.co.jp/brands/fujingaho
今月のテーマは「時と人」ということで、北村薫先生の『ヴェネツィア便り』が選ばれました。『ヴェネツィア便り』の魅力を、短いですが的確に表現されています。流石ですね。

またコーナーが「併読本のススメ」ということで、おすすめ併読本は三島由紀夫の「豊饒の海」シリーズでした。

*オシラセ*
北村亭開設20周年記念誌『再び見つける北村薫』クラウドファンディングサイトmakuakeにてご予約・ご支援募集中!
https://www.makuake.com/project/kitamuratei/

あわせて読みたい

コメントを残す