【今月末締切!】北村薫ファンサイト「北村亭」開設20周年記念誌『再び見つける北村薫』刊行に向けてクラウドファンディングサイトmakuakeでご予約・ご支援募集中!!

LINEで送る
Pocket

現在絶賛デスマーチ気味な北村亭開設20周年記念誌『再び見つける北村薫』ですが、より多くの方に手に取っていただくため、クラウドファンディングサイト”makuake(マクアケ)”での先行予約・ご支援を今月末まで募集中です。
◆北村薫ファンサイト「北村亭」開設20周年記念誌『再び見つける北村薫』刊行 – Makuake
https://www.makuake.com/project/kitamuratei/

※今回のクラウドファンディングは買い切り型で、期間中にその物が欲しいと思ったらネットショッピングと同じように支援者はクレジットや銀行、コンビニで決済していただいて、こちらが期日までに物を用意する(リターン)だけです。リターンの量などによって金額が変わります。

構想3ヶ月制作1年の本誌です。休日を潰して日本各地を歩き回り、無理繰り有休を取ってお話を聞いて廻り・・・20年間で一番活動をしたと思います・・・まだ終わってませんが・・・。
そんなわけで交通費やら謝礼やら広告費やら…積み上がった制作費が数十万円かかっております。ほんとまだ終わってないけど。ここに印刷費が乗っかるので、そのまま頒布価格に乗せると幻の一冊になってしまいます。

また本誌は以前北村作品の読者だった方に北村作品を再び手に取るきっかけになってもらえればと思っています。誌内の「作品縁の地探訪」を読んで、「そういえばこんなシーンあったな」と思ってまた北村作品を読むと、きっと初読の時とは違った印象を持たれるのではないでしょうか。そうした再読体験を広めるためには、北村亭という1つのサイトでやっているだけでは広がりがなさ過ぎます。既存の数十人いらっしゃるサイトを定期的に閲覧してくださる方はきっと手にとってくださることでしょう。
でも以上に広めるには、もっと大きなマスにいる、こちらから見えない一人に情報を届けないといけないのです。それにはマスにアピールする伝手・仕組みが必要で、それを持っているのがマクアケさんでした。



https://www.makuake.com/project/kitamuratei/

なお、リターンは現在下記4種類からお選びいただけます。

【残り50部】本誌を第二十六回文学フリマ東京でのお渡し:1,000円
【残り27部】本誌をご送付+サンクスレター:1,500円
【残り15部】本誌をご送付+サンクスレター+巻末献辞欄にお名前掲載:5,000円
【残り18部】本誌をご送付+サンクスレター+巻末献辞欄にお名前掲載+北村亭サポーター会員証:10,000円

※本件支援者全員プレゼントとして、北村薫先生の著作で多々挿画を担当されている、版画家大野隆司さんの版画をご支援いただいた方全員に1枚もれなくご用意いたします。絵柄は大野さんにお任せなので私もどんなのが来るか解りませんが、たぶん読書にゃんこではないかと想像しています。

※第二十六回文学フリマ東京は2018年5月6日に東京流通センター第二展示場で開催される予定です。会場は東京モノレールの流通センター駅の前にあります。

※「巻末献辞欄にお名前掲載」は印刷版制作の都合上、できれば早めに埋まってくれると大変大変ありがたいです。

※「北村亭サポーター会員証」は北村亭の中にサポーター専用の要ログインな場所を設け、その中で掲示板やチャットなどコミュニケーションコンテンツを再提供(サポートメンバーのみ利用可)したり、情報の先行発信(SNS連携はしません)などを行うことを計画しています。5月頃ご提供予定。以前北村亭の掲示板やチャットで語っていた方のご応募をお待ちしております。

※装丁デザインを外部の方にお願いしました。
 従来ご案内していた銀座和光ビルのは破棄します。
 決定しましたら特設サイトarumatik Publishingでご案内します。

皆様のご支援、ご声援、ご協力をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします

あわせて読みたい

コメントを残す