12月2日(金)の日本経済新聞夕刊に、北村薫先生のエッセイが掲載されました!

LINEで送る
Pocket

2016年12月2日金曜日付け日本経済新聞夕刊に、北村薫先生のエッセイが掲載されました。

◆あすへの話題 花の名 作家 北村薫 : 日本経済新聞
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGKKZO10203650S6A201C1MM0000/
『三絃の誘惑ー近代日本精神史覚え書』(樋口覚 著 1996年人文書院刊)に、木下杢太郎の文章として、満州で聴いたという「対花(トエホウア)」という花の名を並べた曲の歌詞が引かれ、樋口氏はその音韻の美しさを語りつつ、まだ一度も聴いたことがないという。
北村先生もこれを読んで聴きたくなり、都内の大手CD店に行く度に探してみるが、出会うことがない。とのこと。

この「対花」は当時の満州で、舞妓のような方が現地の曲に日本の歌詞を当てて歌ったものなのではないでしょうか。となるとなかなか音源は見つからなさそうですね。演芸系の資料を集めた所で音源がないか探してもらった方が聞けるかも・・・と思います。

ちなみにYouTubeで「対花」を検索するとこのようなご立派な曲が。
https://www.youtube.com/watch?v=Cp1cleejFwM

あわせて読みたい

コメントを残す