8月12日付日本経済新聞夕刊に北村薫先生のエッセイ掲載!

LINEで送る
Pocket

2016年8月12日付け日本経済新聞の夕刊に、北村薫先生のエッセイが掲載されています。
今更ですが。休みぼけということでお許しを。。。

◆(あすへの話題)ごぶ ゆるね 作家 北村薫  :日本経済新聞:
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05981440S6A810C1MM0000/
「ごぶ・ゆるね」は「ご無沙汰を許してね」を安藤鶴夫と斎藤磯雄とのあいだの往復書簡の中で略語として用いていたもの、らしい。しかしかの折口信夫大先生は、物事を何でも略したがる風潮につよい反発があって、学生が「卒論」などというと、きつくたしなめたとか。さすがというか、ずいぶん厳しいポリシーをお持ちだった大先生でしたが、現代人の北村先生としては、話し言葉の「卒論」などは「許してね」と思うとのこと。

まあ省略が行き過ぎて「り」の一文字で「了解」の意が通じてしまう昨今、大先生が見たら「許してね」どころではないと思いますが・・・さて。

あわせて読みたい

コメントを残す