第一回『ひとがた流し』

LINEで送る
Pocket

朝日新聞夕刊にてついに第一回が連載が開始された北村薫・著、おーなり由子・画の『ひとがた流し』。
告知によると『月さば』の「さきちゃん」が高校生になって登場するとの事で、続編なのかと思いましたが...一回目を読んだだけではまだ分かりませんね。
まぁ北村先生の事ですから、意外なところに伏線を仕込んでいらっしゃるんでしょうけどネ(にやり)
さて、
主人公とおぼしき「千波」さんは告知にある「40代の女性」のよーですね。
あー、あと通販で買った「<<やさしく部屋を暖める>>暖房機」っつーのはやっぱり『通販生活』で取り上げられていたデロンギなんですかねぇ。
とか。これだけではなんとも。
つーか一、いつ単行本になるんですかねぇ。
(もうソコに話しを持って行くのかお前はッ、っつーか物語の内容に興味ないんかいッ!管理人としてはそこに話持ってッて膨らまさな うわなにすorz。)
さてさて。
ちなみに夕刊が発行されない地域では、朝刊にて掲載される、そうです。
なんで弱気かとゆーと、自分で確認取ってないもんで。
えっと、くりむーぶさんが掲示板で発言されてたのを見たのです。
きっと朝日新聞に電話されて聞き出されたのですわ・・・(ぽわわ)
と勝手に思ってますが...つか、明後日図書館で見てこようっと。

あわせて読みたい

コメントを残す